消費者金融の審査が通過しやすいサイト

「消費者金融で複数借りてしまってこれ以上借りるところがない」

「かなり大きな借金があり、通常の消費者金融で否決になりそうで恐い」

「総量規制オーバーなんだけど、何とかして借りられるところってない?」

そんな困っている多重債務者または金融ブラックの方はブラックOKの消費者金融 即日を使うと良いでしょう。

ここではブラックの人が借りられた情報や、「〇〇は否決だったけど〇〇は可決だった」などの情報をもりもり紹介しています。

それでもダメだった場合は給料ファクタリング 七福神という最後の手があります。

給料ファクタリングを利用するようになった時は「詰む一歩手前まで来ている」ことを覚えておきましょう。

給料ファクタリング最大手の七福神では毎日100件以上の契約があるそうです。

リピーターもかなり多いらしいです。

[消費者金融の審査が通過しやすい]まずはここを使ってみよう

ここからは消費者金融の口コミを集めたので紹介して行きます。

大手のアコム、プロミス、アイフルを使った感想です。

まずは大手の消費者金融の方が、万が一返済が滞った場合でも手荒な真似は少ないので良いです。

中小の消費者金融になればなるほど、審査には通過しやすくなりますが、無人機もなく、面談などが必要になるケースもあります。

即日融資の場合は来店して受け取りが必要になる場合もあるので、そこの消費者金融がどこにあるかもチェックしておいた方が良いかもしれません。

[消費者金融の審査が通過しやすい]アコム

どうしてもお金が必要であり、私は消費者金融を利用することにしました。

思いがけない葬式により代金が必要になり当時車を買ったばかりの私は、すでにお金を使っていたばかりであり貯金が底をついていて、今まさにこれから貯金をを積み重ねていこうとしていた矢先のことだったのです。

お金がないので普段はまったく使うこともなかったであろう消費者金融を使わざるを得なかったのです。

私は初めて使うためアコムの貸し出しの窓口もどのようなものかわかりませんでした。

入ってみると銀行のATMのような個室で何やら警察の取調室のような小さな個室で緊張しましたが、受話器をとると相手の女性は軽快な口調でこちらの緊張を和やかにしてくれました。

審査まで時間がかかるとのことでしたが、だいたい15分ほど待ったでしょうか。

審査がおり、お金を借りることができました。

入金までのスピードは非常に早かったと言えるでしょう。

最初に入った緊張感から想像できないほどお金を借りた後は晴れやかな気分になりました。しかしその後、葬式が過ぎ返済のプレッシャーが迫ってきました。

しかしながらその返済もそれほど苦痛とは思わず、一気に半年間で返済できたほどです。

気分的にはやはりいいものではありませんが、その返済に係る心労などをはそれほどなく、アコムからは圧迫的な取り立てはなかったです。

年率は銀行の利子に比べてやはり少々高いと思うのですが、借りている金額がそれほど多くなかったのであんまり気になることはありませんでした。

返済が完済した後、その後勧誘などもなく滞りなく返済が済みましたので満足しています。

[消費者金融の審査が通過しやすい]プロミス

私が実際に利用したことがあった消費者金融はプロミスという消費者金融でした。

ここを利用してみて思ったのは借り入れの申し込みから審査までの時間が短くて申し込んでから30分もしないうちに電話がありました。

私はもっと電話がかかってくるのは後になるかと思っていたのですが思ったよりも早く電話があったと感じました。

また電話がかかってきた時の対応もかなり丁寧で電話で借り入れの動機や借り入れしたい金額を聞かれたりしたのですが

決して横柄な態度でこれらを聞かれるという事はなく、あくまで確認のために聞いているという感じで良かったです。

また入金までのスピードもキャッシングカードが3日ほどで自宅い届いてすぐに入金してもらえたので思ったよりも素早い感じで良かったです。

私はてっきり入金してもらえるまではかなり厳しい審査があってすぐには入金してもらえないイメージがありました。

ですから、私は借り入れの申し込みをしてすぐに審査に通ると思ってなかっただけに想像以上に早く審査に通ったのは本当に良かったと思いました。

ただ、キャッシングカードを自宅に届けてもらった時は消費者金融から届いた事が分からないようになっていたのは良かったのですがどこから何が届いたか全く分からないようになっていたせいで少し家族から怪しまれたのでそこは少し残念でした。

[消費者金融の審査が通過しやすい]アイフル

生活費に困って、アイフルを利用したことがあります。

私は万事がズボラなせいか、計画的に物事を進められません。

それで、生活費がいよいよなくなるまで手を打たず、食べることができなくなると困って、何か考え出すわけですが、親からは借金などしないで働けといって怒られました。

確かにそうなのですが、食えなければ腹が減ります。働くと言っても簡単に仕事は見つかりませんから、それで街頭で配られていたティッシュに付いた広告がアイフルだったので、電話したのです。

すると、社会保険の番号を聞かれるままに答えた瞬間、「ご融資出来ます」と言われたのです。ものすごく早い対応でした。

近くにアイフルの店舗事務所があったので訪ねました。

夏だったのでカウンターに着くと若い女性社員から、紙パックのジュースを3種類差し出され、好きなものを選んでくださいといわれたのを覚えています。

ストローを差して飲み終えた頃には、男性社員が書類を持って奥の事務室から出て来て、ここにサインをしてくれればすぐ契約出来ますといわれ、書類を作り終わると目の前でさっきジュースを差し出してくれた女性が、今度は2種類のカードの絵柄を見せて、どちらを選ばれますかと言うので、ハートのマークを選ぶとすぐカードの作成に入りました。

カードは1分もせず完成です。事務所の外に置かれたATMに差し込むと、真新しい1万円札が20枚受け取れたのです。

電話をして、事務所を訪ねて、現金を受け取るまで、30分くらいだったと思います。

すべてに手際がよく、スピーディであることに、感じ入りました。消費者金融に対するイメージが180度変わった瞬間でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする